ローンは踏み倒せと言われたけど、良いのか

キャッシングベスト3

ローンは踏み倒せ!って言われたけど、踏み倒して大丈夫なの

ローンは踏み倒せ!って言われたけど、踏み倒して大丈夫なの

今、ローンを組んでいます。なんとかかんとかやりくりしながら返済していますが、正直な話、「逃げちゃおうかな・・・」と思ってしまうこともしばしばです。

ローンの返済で生活は苦しいし、どうすれば良いのかわからない。そんな時、知り合いからローンは踏み倒せ! って言われたんですけど、踏み倒して大丈夫なのでしょうか。

完済まではつらい道のりですが、踏み倒さずに返す道を選びましょう

こういうふうに言うと、「そんな簡単にわかったようなことを言うな!」と言われてしまうかもしれません。しかし、あえて言いましょう。

お気持ちは十分にわかります。毎日毎日一生懸命働いて、やっとの思いでたどり着いた給料日は、嬉しさが半分、ローンの返済で引落しされてしまうどんよりとしたやるせなさが半分。こんな感じだと思います。

車を買ったり買い替えたり、戸建てやマンションを購入したことがある方なら、大なり小なりこうした悩みは持っているのです。それに、ローンがないならないで、定期的にやってくる住民税や保険料、年金の支払いに頭を悩ませていることには変わりません。

今回のご質問は、ローンは踏み倒せ、とお知り合いの方から言われてしまったことが発端になっていますよね。こういうことを言う人は、いかにも自分が巨額のローンを踏み倒してきたかのように話すものですが、実際にはそんなことをしている人はごく少数です。

はっきりと申し上げますと、こういった、あなたをそそのかすためだけの作り話を信じるのは止めておいた方が良いでしょう。

どうしてそんなことを言うのか、と思うかもしれませんので、ローンを踏み倒した場合どんなことが起こるのか、ご説明しますね。

ローンに限らず、キャッシング、融資、街金。お金を借りて、それに利子をつけて返済するということをやっている時に、返済が滞るとあなたの信用情報に傷がつきます。

まずは支払いの延滞が行われている記録が残ります。ローン会社は、メールや書面などで返済が滞っているが、なにか問題でもあるのか、といったお伺いを立ててきます。

何らかの事情があれば相談の上返済計画を練ったりすることもありますが、今回のようにローンを踏み倒す、というようなことが起きていると、はっきりと返済をする意思がないとみなされ、いわゆるブラックリストへの仲間入りです。

信用情報に事故情報が乗る、なんて言い方をすることもありますが、意味あいは一生ですね。

一度ブラックリストにのると、例えローンを踏み倒した後に考え直し、ローンの完済をしても、一度返済しなかったことでブラックリストに入った事実は消えません。

その他のローンやキャッシングなどは、この情報が消えるまで一切受けることができないと考えておいた方が良いでしょう。

それに、当然ですがローン会社から返済の催促が続くことになります。こういった金融機関は住民票や附票を開示する権利を持っていますので、例え県をまたいで引っ越ししたとしても、簡単に住所は知られてしまいます。

特に悪質な踏み倒しだと判断された場合、裁判を起こされることも。まともにローンも組めず、日々積み重なっていく延滞金に怯えながら10年以上生活する覚悟があるなら止めませんが、そんなことは並大抵の精神ではできません。

やはり、借りたものはきちんと返す。返すのが難しいなら、踏み倒すのではなく返済額の変更や更なる分割返済の相談をするなど、まっとうな方法でローンの完済をする道を探しましょう。

「ローンは踏み倒せ!」を多くの人が実践したらどうなるか

「ローンは踏み倒せ!」と息巻いている方が時々いらっしゃいますが、もしそれを利用者の多くが実践したらどうなるのでしょう。「ローンの踏み倒し=契約の反故=信用社会の崩壊」ということになるのですが、果たして…。

一番ターゲットの広い個人向けローンで考えてみましょう。今は銀行もサラ金も、パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の方へも積極的に融資を行なっていますが、それらの人々がローンの踏み倒しに走ったら、どうなるか。

単純に考えてもわかるように、貸金業界はこぞって、それら非正規雇用の方々への融資を厳しく審査するか、貸付の対象外とするでしょう。ローンというお金の貸し借りは、個人への「信用」で行なっている非常に不安定な要素のものです。この信用を自分達で崩壊させれば、業界全体が「それなら、貸さない方向で」と背を向けることは明らかにです。困ったときに、借りたくても借りれない状態を自分達で作り、「あなた方が信用を失うようなことをしたんだから、自業自得ですね」と断られることになります。

「自分のローンは踏み倒せばいいや。他の人への影響?そんなの知ったことではない」と考えるのもひとつの生き方です。今から40~50年前には、個人向けの現金融資など普及すらしていなかったわけですから、「ローンは踏み倒せ!」の風潮が世間一般に広まれば、単に50年前の状態に戻るだけのことです。借りたいときに借りれない時代への逆戻り。ただそれだけのことになるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 中央リテールの審査に落ちた!そんな方でも安心な会社はここ! All Rights Reserved.