生活保護でお金を稼ぐ方法がない時にピンチ

キャッシングベスト3

生活保護でお金を稼ぐ方法がない時、どうすれば良いですか

生活保護でお金を稼ぐ方法がない時、どうすれば良いですか

今、自分は生活保護を貰って生活をしております。甚だお恥ずかしい話なのですが、事情があって体が悪く、ろくに働くこともできません。

働くという気力も湧いてこないのです。自分のように、生活保護でお金を稼ぐ方法がない時、それでもお金が必要になったらどうすれば良いですか。

素直にキャッシングを頼れば良いの

まずは、体を壊しているのだから、しっかり心と体のケアをしてちょうだいね。無理をして今の状態になってしまったのだから、ここから更に無理をして、自分を追い詰める必要なんてないわ。

生活保護は、アナタのように体を壊してしまったり、正しい事情がある人のためにある社会のセーフティネットなんだから、気に病まずにどんどん活用すべきものなのよ。

それで、生活保護でお金を稼ぐ方法がない時、どうすれば良いかっていう質問よね。まわりくどいのはキライだから単刀直入に言うけど、アナタのような状況にいる方でもキャッシングを利用することはできるから、諦める必要はないのよ。

ただし、絶対に覚えておいてほしいことがあるの。それは、生活保護費はあくまで国の税金によって賄われているもので、原則として生活費や正当な理由のある支出のためにしか使うことができない、ということよ。

例えば、アナタがお金を必要とするシチュエーションが、ギャンブルで負けてしまって、次のギャンブルのために軍資金が欲しいから、なんて場合は、生活保護そのものを打ち切られたり、借金返済のために使った分を減額されたりしてしまうわ。

ギャンブルは社会通念上、生活するために必要な出費ではないし、アナタの手元に残るかどうかも未知数なのだから当然よね。

それじゃあ、ここからは生活保護受給者がキャッシングするということがどういうことなのか、もう少し詳しく説明してあげるわね。

基本的に、キャッシングというのは安定した収入のある人しか借りることができないわ。収入がない人が安定的に借りたお金を返すことができる、とは中々言えないことだから、これは当然よ。

そして、生活保護費は必要最低限の生活をするためのお金だから、安定した収入と言うことはできないの。お仕事をしている訳ではないのだから、これも当然ね。

今はお金を借りる時にも法律の規制があって、総量規制と言って年収の3分の1までしかキャッシングすることができないわ。

たいていのキャッシング会社だと、そもそも働いていて、安定した収入があることを最低条件としているから、生活保護を受けている方はどこでもお金を借りられる訳じゃないの。

でも、世の中には専業主婦の方なんかを対象に、緩めの審査をウリにしているキャッシング会社もあるから、そういったキャッシング会社をピンポイントで狙えば十分にお金を借りることは可能という訳。

もちろん、ものすごく大きな額を借りることはできないし、借りたお金の使用用途によっては、生活保護費を使って返済することが認められない場合もあるから、まずはケースワーカーに相談するのがオススメよ。

気持ちとしてはケースワーカーに黙ってキャッシングをしたいと思うでしょうけれど、黙ってお金を借りて、こっそり返済した結果、生活保護を打ち切られたりすると、生活できなくなってしまうわよね。

返すあてのない借金は、お金を借りるあなたも、お金を貸す会社も得をしないから、ぜひ一度、ケースワーカーに相談だけでもしてみてちょうだいね。

生活保護でお金を稼ぐ方法…制度に対する認識が重要です!

生活保護でお金を稼ぐ方法を大公開!…といっても、何も裏技的な方法を紹介するわけではありません。生活保護受給者全員が無職・無収入だと思っている方はいませんか?不正受給の報道だけで生活保護受給者はみんなけしからん!と声を大にしている人は、その不正受給が全体の0.4%に過ぎないことには目を向けていますか?

生活保護受給者も働いている人が多くいます。いわゆる「ワーキングプア」な状態なんですね。たまに、「一生懸命働いているのに生活保護の方が高い金をもらってるなんて許せない!」という方がいますが、そんなアナタも生活保護の受給資格に該当しているかもしれないことは知っていますか?

生活保護は、自己の収入だけでは生活が困難な世帯に対して受給されるしくみになっています。働いていたら受給対象外ということではありません。働きながら保護を受け、より安定した生活ができる転職活動をすることだってできるんです。地域や世帯人数などによって保護受給の基準額(収入)は違ってくるので、ここで明快な数字は示せませんが、基準額以下であれば保護受給を考えてみてもいいでしょう。

生活保護でお金を稼ぐ方法。多くの保護受給者は雇用側が示す「最低賃金や勤務日数の制限」を受けながら非正規雇用で働いたり、いくつかのバイトを掛け持ちしながら求職活動したりしている人たちです。生活保護から抜け出すためのお金を稼ぐ方法は、受給者が安定して長期間、正規雇用で働けることなのでしょうが、今の社会はその真逆(非正規雇用の規制緩和による不安定な雇用形態)を行ってますから、簡単なはずのこの方法が非常に難しいことになっているのかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 中央リテールの審査に落ちた!そんな方でも安心な会社はここ! All Rights Reserved.